泪橋ラボは、2015年7月以来、主に下記の業務・活動を行ってきました。

 
We have implemented following work and activities since July 2015.

 

1. 国際協力に係る相談業務

泪橋ラボは、保健医療分野の政府開発援助(ODA)事業に係る調査研究、計画立案、実施監理等を行なっています。これには、開発途上国の保健医療セクターの情報収集確認調査、病院建設や医療機器調達に係る資金協力の計画立案のための調査、事業現場へのコンサルタントの派遣、事業のモニタリングや評価、保健システム強化に向けたプロセス・場づくり等が含まれます。

参考:主な国際協力プロジェクトの経験 <リンク>

1. Consultation Services for International Cooperation

We provide a variety of consultation services for health development among people in developing countries, including survey and research, designing and planning, promotion and management of implementation of projects such as hospital construction and medical equipment procurement, and monitoring and evaluation, process gardening for health system strengthening, etc.

Ref:Experience of International Cooperation Projects

2. タクティカル・アーバニズムに向けた取り組み(絵になる山谷プログラム)

ありのままでいられるまち・浅草山谷の価値を再定義をすることを目的に、まちの魅力を探し、可視化する取り組みはじめています。たとえば、まち歩きや酒場めぐりへの随伴、メデイア・モニタリング、文献史学的作業、浅草山谷のステッカー作成・販売、写真での定点観測等を行なっています。

浅草山谷は、奥浅草とも呼ばれる台東区の北部に位置します。戦後、日雇い労働者の集まる寄場となり、ドヤと呼ばれる簡易宿泊所が集積しています。しかしながら、昨今、まちの様相も変化し、アパート/マンションや日本人・外国人旅行者向けのゲストハウスの建設が行われるようになり、昭和風情のある粋な町並みや酒場と、おしゃれなカフェやレストランが混在する、より居心地のよいまちになってきています。

2. Activities of Tactical Urbanism (Picturesque Asakusa-San’ya Program)

We have begun various activities to explore and visualize charm points of Asakusa- San’ya and to re-define value of the area as a town where we can stay as we are. It includes walking and Japanese sake bar tours, media monitoring, literary history studies, Asakusa-San’ya’s original sticker sale, fixed point observation with photos.

Asakusa-San’ya is an area in the Taitō district of Tokyo, located south of the Namidabashi intersection. After World War II, it evolved into a region with a distinct culture—an area full of crowded, cheap rooming houses where day laborers live. However, these days, the area has begun to undergo developmentō and to become more attractive an relaxed area with construction of apartments and guesthouses for domestic and international travelers.

3. 調査研究活動(在日・訪日外国人の健康へのアクセスに関する研究等)

泪橋ラボでは、在日・訪日外国人の健康へのアクセスに関する調査研究を行なっています。特に、社会的包摂に不可欠な社会的紐帯に注目をしています。

3. Research Activities (Studies of “Access to Health” of Migrants in Japan)

We have studied the “access to health” of migrants in Japan as internal research activities. In particular, we have focused soical ties among people, which is essential for social inclusion, but not well-studied in Japan.

 

ja日本語
en_GBEnglish (UK) ja日本語