セネガル国母子保健サービス改善プロジェクトフェーズ3詳細計画策定調査(評価分析)が始まります。

これまで、セネガルでは、2017年における妊産婦死亡率が出生10万あたり236、新生児死亡率が出生1,000あたり28、5歳未満児死亡率が出生1,000あたり42(Continuous Demographic Health Survey 2017)と高く、SDGsの目標値(同70/出生10万、12/出生1,000、25/出生1,000)の達成に向けてもさらなる努力が求められています。

こうしたなか、JICAは、セネガルにおける母子保健サービスの質向上のため「母子保健サービス改善プロジェクト(以下「PRESSMN」)」を実施してきました。同プロジェクトはフェーズ1が2009年から2011年にかけてタンバクンダ州とケドゥグ州で実施され、母子保健サービスの質改善に資する「PRESSMNモデル」が形成されました。その後、2012年から2018年まで各州で最低1つのパイロットサイトを設定し同モデルを展開したフェーズ2では、同モデルが患者や医療従事者の満足度、サービスの質向上に良好なインパクトがあることが示されました。

しかしながら、これまでの活動では対象が一次・二次レベルの医療機関や公立の保健人材養成校に限られており、三次レベルの医療機関や公立より多くの人材を輩出している私立の保健人材養成校には同モデルが導入されていないため、同モデルが持続的に定着する体制にはなっていません。

こうしたニーズが存在する中、「PRESSMNモデル」のさらなる普及・定着のために、フェーズ3が要請されました。

今回実施する詳細計画策定調査は、本プロジェクトに係る計画枠組み、及び実施体制等を整理した上で、プロジェクトの内容を確認・協議し、プロジェクトに関わる合意文書の締結を行うとともに、必要な情報を収集・分析し、本プロジェクトの事前評価を行うことを目的として実施されます。


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

en_GBEnglish (UK)
ja日本語 en_GBEnglish (UK)