泪橋ラボは、2018年7月、認定Bコーポレーション(Certified B Corporation®)となりましたことをご報告します。

認定Bコーポレーションとは、「良いものに向かう力」(force for good)として企業活動を活用することを目指すグローバルな運動のリーダーであることを意味します。

世界各国の認定Bコーポレーションは、「ビジネスにおける成功を再定義する」との一つの目標のために集い、「世界の中で競争する(compete to be the best in the world)」のみならず、「世界のために競争する(compete to be the best for the world)」ことを目指しています。現在、50カ国以上の国々の約2,500社がこの目標に寄り添い、認定を受けています。

認定Bコーポレーションとなるためには、社会・環境に対するパフォーマンス、透明性、アカウンタビリティ等に関する高い基準を満たす必要があるほか、株主の利益のみならず、その他のステークホルダー(従業員、地域社会、顧客、自然環境等)への利益を追求することが求められます。認定Bコーポレーションの「B」とは、利益(Benefit)のBであり、これらステークホルダーへの利益を意味します。

泪橋ラボは、2015年9月の営業開始後から、私たちのヴィションと認定Bコーポレーションの目標(Bコーポレーション宣言)との親和性を感じてきました。また、公益性の高いサービス提供や活動を行う企業や非営利組織が上記のステークホルダーいずれかと必ずしも良好な関係を築けていないことに懸念をも感じてきました。

そして、これら感覚を基に、自らの事業活動の土台づくりを模索する日々の中で、認定Bコーポレーションに求められるエッセンスが、私たちの組織づくりの道しるべになり得ることに気づきました。そして、2年前、認証を得ることを組織づくりの一つのマイルストーンとし、取り組みをはじめました。そして、4期目を始めた今、認定Bコーポレーションとなることができました。

まだまだ、泪橋ラボの営業活動も、組織も、ステークホルダーとの関係もレジリエントなものではなく、認定Bコーポレーションとなり、その企業のコミュニティの中で、自らのエンパワーメントを図っていきたいと考えています。認定Bコーポレーションとして、私たちのビジョンの実現に向け、これからも歩んでいきたいと考えています。

代表取締役 鶴田浩史

We’re proud to be a Certified B Corporation®.

Certified B Corporation means leaders of the global movement of people using business as a force for good TM.

As of July 2018, there are over 2,500 Certified B Corporations in 50+ countries with one unifying goal – to redefine success in business. Certified B Corporations inspire all businesses to compete not only to be the best in the world but to be the best for the world.

Certified B Corporations need to meets higher standards of social and environment performance, transparency and accountability. In addition, Certified B Corporations needs to seek benefits for stakeholders such as workers, community, customers and the environments, not only for shareholders.

Since September 2015 when we started our business activities, we have recognized the overall goal of Certified B Corporations (The B Corp Declaration) is compatible with our vision. In addition, we have concerns on current situation where many profit and non-profit organization providing services and/or activities for public benefits cannot always make good communication with different stakeholders as mentioned above.

In these senses with our day-to-day efforts to make bases for our business activities, we realized the essences of Certified B Corporation can be our guidepost for our organizational development. Then, 2.5 years ago, we started process to get the certification as a millstone of the organizational development. At the moment when we have just started the 4th year of our business activities, we are verified as Certified B Corporation.

Now we would like to empower ourselves as one of Certified B Corporations and in their community, because our business activities, organization and communication with stakeholders are still not very resilient. As Certified B Corporation, we take further steps to realize our vision from now on.

Hirofumi Tsuruta, Managing Director

Categories: 報告

0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ja日本語
en_GBEnglish (UK) ja日本語