わたしたちの環境配慮に関する方針は以下のとおりです。

I. 自然環境配慮へのコミットメント

泪橋ラボの自然環境に配慮する目的は、持続性の増加への貢献と事業活動と自然環境の共存の実現です。この目的の達成のために、私たちの”大切にしたいこと”(ミッション)である「社会の枠組みや視点を変えて、人や自然、出来事との関わり方を問いかける」を鑑みながら、事業活動による自然環境への正のインパクトを増大させ、負のインパクトを緩和させることに留意し、事業活動に取り組みます。

 

Our Policy for Environmental Consideration

I. Our Commitment for Environmental Consideration

Namidabashi Lab’s objective in regard to environment is to contribute the increased sustainability of the natural environment as well as to realize the coexistence of our business activities and environment. For the objective, we take effectively actions to enhance positive environmental impacts of our activities as well as to alleviate negative impacts, in accordance to our cooperate mission; “To inquire how we can develop relationships with and among people, nature, and happenings of the world, such that we can reframe the social structure and our views on it”.
II. 自然環境配慮に係る行動指針

  1. わたしたちは、次のような環境に関する東京の伝統的な概念や技術を基に、事業活動や事業所周辺が自然環境に優しいものとなるよう努めます。
    • “もったいない”:ものを捨てる際に抱く、ものを惜しむ気持ちを表す日本語特有の言葉です。また、資源の利用の削減やものの再利用・リサイクルを大切に思う感情や行動を促す言葉でもあります。泪橋ラボでは、”もったいない”を具現化するために、たとえば、紙やその他・消耗品の使用を削減するなどし、職場のペーパーレス化を目指します。また、東京都市部の温暖化緩和に寄与するべく打ち水をしますが、そのために、雨水を収集していきたいと考えています。
    • “早寝早起き病知らず”:この言葉は、自然のサイクルに沿った働き方を想起させます。たとえば、泪橋ラボでは、自然光活用の最大化や夜間勤務の縮小などを図ります。これにより、日夜の事務所環境の維持管理に必要なエネルギー量を縮小することができると考えています。
    • “都市部の草花を愛す”:江戸時代(1603-1868)以来、多くの学者が「東京に暮らす人々は草花を好む」と報告してきました(*注)。現代においても同様であると考えます。たとえば、東京では、路上に植木鉢を出し、壁の表面を植物で覆うなどしています。泪橋ラボでは、そのような東京の都市緑化の促進に貢献すべく、事務所周辺への植木鉢等の設置や東京都公園協会の都市緑化基金への寄付を行いたいと考えています。

  2. 泪橋ラボは、ゴミの分別やリサイクルに関する規則やJICAの環境社会配慮ガイドラインなど、東京都や台東区、日本政府の関連政策に従います。
     
     
  3. 泪橋ラボは、自然環境に触れる機会をつくり、自然環境に対して前向きかつ敏感になれるよう努めます。(例、生物多様性ツアーへの参加、環境展やフェスティバルへの訪問、植木鉢の設置等)
II. Principles for Actions for Environment Consideration

  1. We make our business activities and office circumstances more environmental friendly, based on Tokyo traditional concepts and techniques for environmental management, as follows.
    • “Mottainai”; It is a Japanese term conveying a sense of regret concerning waste. In addition, it can elaborates feeling and promote actions to reduce use of resources, and to reuse and recycle products. For example, to realize “Mottainai”, we greatly reduce use of papers and stuff to make for paperless office. In addition, we do “Uchimizu”, the traditional Japanese custom of sprinkling water collected from rain, into streets to mitigate heat in Urban area.
    • “Hayane Hayaoki”; It is the concepts of “working with nature’s cycle.” For example, we maximize the use of natural lights and minimize overtime work at night by working with the cycle. It can reduce energy to maintain office environment at day and night.
    • “Loving flowers and greens in urban area”; Some scholars reported that people in Tokyo like flowers and greens since the Edo period (1603-1868)*. Even today people in Tokyo is the same. They put plant pots on the street and surface buildings with green. Our office contributes to Tokyo green urbanism by decorating with plant pots around our office and making donation to the fund for urban greening by Tokyo Metropolitan Park Association.

  2. We comply municipality’s and government relevant policy such as basic plan for environment in Taito-ward, garbage separation and recycling rules, JICA’s guidelines for environmental and social considerations.
  3. We sensitize ourselves for environmental management actions by making opportunities to experience natural environment (e.g. participating biodiversity tour, visiting local exhibition or festival for environment, making plant pots as mentioned above, etc.).
III. 自然環境へのインパクトの評価と指標

わたしたちの事業活動による自然環境へのインパクトは、下記の指標を用いて記録します。そして、各年度ごとに各指標の目標値を設定し、その達成状況を分析し、評価を行います。

  • 国内労働時間あたりの年間衛生費
    (2018年度目標:前年度に比べ1%削減する)
  • 事務所面積あたりの年間電気使用量
    (2018年度目標:5%減少する
  • 従業員1人あたりの水道使用量
    (2018年度目標:5%減少する)
  • 事業所単位面積あたりの二酸化炭素排出量
    (2018年度目標:5%減少する)
  • 事業所周辺環境に対する近隣住民からの賞賛件数
    (2018年度目標:2件以上になる)
  • 事業活動中の自然環境配慮に対する賞賛件数
    (2018年度目標:1件以上になる)

 

III. Evaluation and Indicators of Environmental Impacts]

Environmental impacts of our business activities are measured by the following indicators. Each year the targets of the indicators is set. The achievements of the indicators is analyzed and evaluated.

  • Annual cost for hygeine management per working hour in Japan
    (FY2018 target: 1% reduction from last fiscal year)
  • Annual amount of electricity use per office area (m2)
    (FY2018 target: 5% reduction from last fiscal year)
  • annual amount of water use per working hour in Japan
    (FY2018 target: 5% reduction from last fiscal year)
  • Annual amount of greenhouse gas emission
    (FY2018 target: 5% reduction from last fiscal year)
  • The number of appraisal for environment consideration surrounding office form neighborhood(FY2018 target: more than one case)
  • The number of appraisal for environment considaration during bussiness activities
    (FY2018 target: more than one case)
*注 たとえば、ガーデニングを専門とするイギリスの学者であるロバート・フォーチュンは、1860年に日本を訪問し、その経験を書籍にまとめ、「日本の人々の特徴は、社会階層に関わらず、花好きである、ということである。」と述べました。 また、ドイツ人植物学者であるハンス・モリッシュは、その書籍で、「植物は日本人にとっての魂として存在している。そして、人を愛するかのように植物を愛することが重要だと考えられている」と述べています。 * British scholar of gardening, Robert Fortune who visited Tokyo in 1860 wrote in his book “Regardless of social position, the clear characteristic of Japanese people is that they like flowers.” In addition, German botanist, Hans Molisch wrote in his book “A plant is an existence that has a soul for the Japanese, and it is important for them that it should be loved in the same way as a human being”.

 

***更新2018年5月12日