泪橋ラボが、東京都の「職場で始める!感染症対応力向上プロジェクト」の協力企業並びに達成企業として、東京都のホームページに掲載されました。

東京都は、東京商工会議所及び東京都医師会と連携し、企業の感染症対策を支援するプロジェクトを、平成27年度から展開しています。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/project/project-start.html

泪橋ラボは、同プロジェクトの一環として、感染症に係る事業継続計画(感染症BCP)を策定しました。

同計画は、職場における①感染症予防、②早期発見、③感染拡大防止、④感染・り患した個人への配慮(差別の防止、就労継続支援、療養後の復帰支援等を含む)の4点を軸とし、感染症による職場にいる個々人の健康並びに業務への直接的・間接的な影響の緩和を図るとともに、業務が継続できるような体制を整備することを目的としています。

泪橋ラボでは、今後、より一層、手洗いの実践から感染・り患者の療養・就労継続・復帰のしやすい場づくりまで幅広く取り組んでいきたいと考えています。

Categories: 報告

0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ja日本語
en_GBEnglish (UK) ja日本語